本研究室では効率的なエネルギーシステム構築のため、水素を生み出す技術、エネルギーの変換や貯蔵の媒体として用いることのできる新たな触媒材料の開発を目指しています。


 

水素吸蔵材料

水素吸蔵材料とは、媒体(主に金属)を用いて水素を貯蔵するもので、現在多く用いられている高圧水素貯蔵法に比べより安全でコンパクトに水素を輸送・貯蔵できる材料です。本研究室ではこの水素吸蔵材料のうち、Mgをベースとした水素吸蔵合金、LiをベースとしたChemical Hydride系、Graphiteをベースとした炭素系水素吸蔵材料の開発研究を行っています。


光触媒材料

光触媒とはその名のとおり光のエネルギーを利用して作用する触媒です。防汚、悪臭の分解作用を用いた製品が実用化されていますが、本研究室では太陽光と光触媒のみで水を分解し、次世代エネルギーとして注目されている水素を生成できる光触媒の開発を目指し研究を行っています。

 

 

触媒反応解析

希土類金属の液体アンモニアへの溶解性を利用し、この液体アンモニア溶液にマトリックスとなる物質を加えると溶解した希土類金属と容易に反応します。本研究ではACをマトリックスとして用いて、担体上に高分散した希土類金属の反応性について検討しています。
また、液体アンモニアで溶解させてできた、希土類金属アミドを金属水素化物と混合させ、触媒の反応性を検討しています。


IRによる反応機構の解明

IRとはInfraRed spectroscopy(赤外分光法)の略で分子間、原子間の結合状態を推定することのできる装置です。本研究室では触媒上で反応物質がどのような結合状態をとるのかをIRの中でも特にFTIRを使って解明することを目的として研究を進めています。